全員での練習

パートでの練習がひと段落したら、全パートで合わせて歌う練習をしましょう。

各パートのみでの練習はもちろん大事ではありますが、それだけでは全体でのハーモニーをとらえることはできません。

例えば『1回の練習において、最低1回は全パート合同での練習を行う』など、定期的に全員で合唱を試してみるのがよいでしょう。

また全員での練習の際は、出来る限り指揮者が主導して行うのが、全体をまとめる上で理想です。

歌においても指揮者の指揮に合わせながら歌うというのには慣れが必要なため、指揮がある状態での練習を、多く回数を経験できるほうがよいと言えます。

 

パート合同での練習の際、全員で合わせて歌う以外にも、ハーモニーを確認したい特定のパートのみで歌うなども効果的な場合もあります。

 

全体練習の結果や状況をふまえ、パートリーダーは指揮者と相談しつつ、各パートの個別練習に反映させていきましょう。